骨盤ショーツ 痛い 原因

骨盤ショーツを履くと痛い原因は?

 

骨盤ショーツ,痛い,原因

 

骨盤ショーツは寝ている時もずっと履き続けられるのが最大のメリットで、長時間履き続けても違和感がない素材を選びます。

 

素材は人により合う合わないがあるため、自分で判断するしかないです。

 

試着が出来る場合は、必ず一度は試着をします。

 

伸縮性も大切で、骨盤矯正をするからと硬過ぎるものを選ぶのは駄目です。

 

骨盤をしっかりとサポートするには、適度な伸縮性も必要になってきます。

 

一番重要になるのはサイズ選びで、骨盤矯正効果を直ぐに得るために小さいサイズを選んでしまうと締め付けが強過ぎてきつくなりリンパや血液の流れが悪くなります。

 

血流が悪くなると、血液が滞り痛みに繋がる事もあります。

 

サイズが小さいと、きつくなってきて履き続ける事が出来なくなります。

 

メーカーにより多少サイズが異なるため、この場合も試着が出来るなら一度試すと良いです。

 

これらの事が守られていないと、骨盤ショーツを履いた時に痛みを感じる原因にもなります。

 

特にサイズが小さ過ぎて合っていないと、締め付けが強くなり過ぎて痛みが出てしまいます。

 

伸縮性がない素材でも、きつく感じて痛みが出やすいです。

 

骨盤ショーツを選ぶ時には、素材と伸縮性とサイズに気を付けて選びます。

 

きちんと効果を実感出来るように、これらの事を守ります。

骨盤ショーツを履いて腰が痛い時の対処法

 

骨盤ショーツ,痛い,原因

 

骨盤ショーツを履いて腰が痛む事があり、その原因は身体に合っていないサイズを履いている事です。

 

骨盤ショーツは、主に骨盤周辺や太ももの血流を妨げるため、身体に合わないサイズを履いていると骨盤内外の血流の悪化や腰の筋肉疲労をの原因になってしまいます。

 

これにより、腰に痛みが出ます。

 

しかし反対に緩い場合でも、問題になります。

 

歩行時に正しい姿勢を保つ事が出来なくて、外的な力が働かないで立った状態の身体がアンバランスになって体の中心である腰に負荷が集まってしまいます

 

。骨盤ショーツを履いていて、下着のゴムの部分が痛んだり身体をチェックした時に下着のゴムの部分が黒ずんだり赤くなったりじっとしていも苦しい場合は、買い替えをします。

 

また歩行や軽い運動を行っている時に擦れて痛んだり、食事をしている時に締め付けを感じたりする時も買い替えます。

 

骨盤ショーツを選ぶ時には、サイズ選びが重要になります。

 

サイズがきちんと合っていないと、小さ過ぎても大き過ぎても腰に痛みがでてしまいます。

 

きちんとサイズが身体に合うものを選んで、試着が出来る場合は必ず試着をしてから購入をするようにします。

 

アドバイザーがいるお店では、相談をするのも良いです。

骨盤ショーツを履いて腹痛になる原因

 

骨盤ショーツ,痛い,原因

 

骨盤ショーツは骨盤矯正させるために、お腹周りを締め付けます。

 

これにより、皮膚圧反射と皮膚内臓反射が生じてその結果として異常な消化管運動を起こして腹痛が起こります。

 

皮膚圧反射とは、皮膚に分散している神経の末端の刺激によって自律神経の中の交感神経が興奮する事です。

 

皮膚内臓反射は、皮膚に存在している神経は脊髄内に入って各内臓の機能をコントロールしているがそのコントロールが乱れる事です。

 

これは骨盤ショーツのサイズを見直して、締め付け具合を丁度良くすると起こりにくいです。

 

サイズが合っていなくて小さ過ぎると、このような症状が起こってしまいます。

 

また寝ている時に締め付ける骨盤ショーツのようなものを身に着けると、体の動きを妨害します。

 

夜は昼間に比べると身体を動かす事が少ないため、骨盤ショーツを履いて寝ると腹痛になりやすいです。

 

商品によっては寝る時には着用しない方が良い物もあり、そのような商品は寝る時には絶対に履かない事です。

 

寝ている時にも履きたい場合は、寝ている時でも履けるように作られているものを選びます。

 

購入をする時には、寝ている時でもキツく感じない適度な締め付け感のあるものを購入します。

 

サイズもきちんとチェックして、体に合っているものを選びます。

クビレニスタ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへお腹にくびれが欲しい方、効率よく骨盤ケアをつけたい方はトップページのクビレニスタ骨盤ショーツの詳細も確認してみてください。